syouinsakamoto’s diary

世の中に対して自分が感じた事、変だと思った事をメモ程度に書いていきます。

どう生きていくのか 考えるのはもうやめて行動していこう

会社を辞めるまであと1か月ほどになってきた

 

ぶっちゃけあんまりなにも動き出せていないのが現状だ

 

高校時代から自分が何をやりたいのかわからなかった

 

わからなかったけど、何かをやりたい、成し遂げたいという気持ちだけは高校の時から強くあった

 

ただ、何をやればいいかわからなかったから高校の時はとりあえず受験勉強を頑張った

 

大学に受かった

 

自分のやりたいことをやっている大人がすごくかっこよく見えて、自分もそんな働き方をしたいと思う

 

自分が行ってみたい国に行ってみたり、ビジネススクール的な物に入って営業活動したりする

 

が、特にこれといってこれをやりたいというものは見つからずに就活のシーズンに入ってしまう

 

その就活で、エンジニアという職業を知る

営業などはやったことはあったが、営業は自分がいいと思わない物も売らないといけないのがすごく辛かった中で、自分で作るエンジニアという職業を知って、自分でいいものを作ってみたい、作るって楽しそうと思い、エンジニアとして就職する

 

会社に入社して、エンジニアになるが、毎月開発してリリースして、ひたすらチャット機能を開発する毎日に違和感を覚え始める

 

朝会社に来てから上司以外誰とも話さず、ひたすらパソコンとにらめっこして深夜に家に帰り、また毎日同じ繰り返し

 

これをあと5年、10年続けると考えた時に、自分の中で納得できなかった

 

自分の10年間はあの部屋のあの机の前で過ごす時間が全体の4分の3ほどがその時間になってしまう

 

それはすごく嫌だった

 

もっといろんな世界を知って、いろんな挑戦をして、いろんな失敗をして、生きているという感覚を何回も味わいたい

 

そんな生活を送りたいと思うことが日に日に強くなっていった

 

そして、会社を辞める決断をし、今に至る

 

25年生きてきた

その中の15歳くらいから10年ほど自分が何をしたいのか考えてきた

 

簡単に言うと、「これです!」というはっきりした物は見つからなかった

 

でも、「こんな感じなことがしたい」という曖昧な物はいくつか見つかった

 

この地球がもっと幸せだなあと感じる人が多くなればいいなと、強制のない中で自分の毎日の生活を全て自分で決めれるようになりたい(自由な生活を送りたい)、もっとよりみんなが物や人を共有しあえる世界になればいいな、など。

 

なんとなく、こんな風になればいいないうものは見えてきた

 

ただ、10年考えてきた

10年考えてこれということはこれ以上はすぐ何か別の素晴らしいアイディアが浮かんでくるとも思えない

 

もう考えた

 

考えたけど、行動に移していない

 

もちろん考えることも必要

 

でも、考えるよりも行動を多くしていこう

 

いくら自分の頭の中で考えたとしても、行動に移さなければそれはただの自分の妄想で終わってしまう

 

行動に移すからこそよりいろんなことが見えてくるし、いろんなことに気がついて次の行動へと繋がっていく

 

会社を辞める決断をした今だからこそ、どんどん行動を起こしていこう

 

やる気があるから行動するのではなく、行動するからやる気になる

同居人が朝が早いので、最近は朝にブログを書けるようになってきた

 

今日はやる気について書きたいと思う

 

やる気

モチベーションともよく言われる

 

やる気についてこんな経験は誰しもあると思う

 

始める前までは全くやる気が起きなかったのに、始めてみたら面白くなって止まらなくなったような経験

 

自分の場合はよくジョギングするのだが、ジョギングするまでは「めんどくさいなあ」とか「走りたくないなあ」とか思うのだが、走り始めるとさっきまでの憂鬱な気分は全て消えて30分くらい走ってしまうといったようなことである

 

簡単な例だと掃除とかが分かりやすいかもしれない

掃除を始めるまでは憂鬱だけど、始めたら止まらなくなってしまったというような経験

 

この現象を「作業興奮」と言う

 

作業興奮の説明の前に、簡単に脳の特徴を説明する

 

脳の特徴として基本、脳はさぼり癖がある

なぜさぼるかというと、脳は働き続けると大量のエネルギーが必要になってしまい、さぼることなく働き続けるとエネルギーが足りなくなり、餓死してしまうことが起きないようにさぼるという構造になっているらしい

 

なので、なにかをはじめようと思っても、めんどくさいとか思っちゃうのは脳がさぼりたいと思っているのが原因であるということ

 

このさぼり癖がある脳に効くとっておきのアイテムがある

それがドーパミンである

 

ドーパミンとは「快楽や多幸感を得ると言った機能を担う脳内ホルモンのひとつ」である

 

この快楽(ドーパミン)を感じることに関しては脳はさぼることなく働く

そして、手や体を動かすことで脳の中の側坐核という部分が刺激されドーパミンが分泌される

 

なので、先ほどの掃除を始めたら止まらなくなってしまった例は、手と体を動かすことでドーパミングが分泌され、全力でさぼろうとしていた脳がやる気になったため、止まらなくなってしまったということ

 

手と体を動かすことによってドーパミンが分泌されるということが大切なのである

 

なので、モチベーションが上がらないとかやる気が起きないというときの一番の解決方法としては、まずやっちゃうこと

 

始めちゃってドーパミンを分泌してしまえばいいのだ

実際、今日もブログ書くまではだるいなあとか思っていたけども、書き始めたらどんどん書けるから面白い(笑)

 

やる気があるから行動するのではなく、行動するからどんどんやる気になるのだ

 

なので、まず始めてみようという話でした

 

 

時間は未来から過去に流れている

また久しぶりになってしまった

 

今日は時間は未来から流れていることについて書きたいと思う

 

自分はずっと時間は過去から現在、現在から未来へと流れているものだと思っていた

 

多分普通に生きていたら誰しもがそう思うと思う

 

なぜなら、この世に生まれて毎日成長していくからだ

未来から時間が流れているなら、おじいちゃんから始まらないとおかしい

 

上記の様な観点からみると確かにおかしいが、別の観点から見てみると面白い

 

正直自分もなんとなくでしか理解していないから、うまく言える自信がないんだけども、まず時間を川のようなものだと考える

 

川は上流から下流へ流れている

時間も川のようなものと考えるので、この上流を未来、下流を過去と考える

 

時間は未来から現在の自分を通って、過去へ流れていく

上流の未来から下流の過去へ時間が流れていて、自分はその川の真ん中に立っているイメージ

 

さらに具体的にイメージすると、未来から時間が流れてくるのと同時に、たくさんの選択肢も一緒に流れてくる

 

「今日の晩御飯何にしようか」「誰と付き合おうか」「転職しようか」などもう無限の数の選択肢も一緒に流れてくるわけだ

 

だからこそ、常に前を向いていなければいけない

 

その無限に流れてくる選択肢のどれを取るかで、自分のこれからが決まっていくわけだから

 

このように考えると、過去のことに後悔したり、悔んだりする時間は必要ないなと思う

 

なぜなら、いくら後ろを向いて過去を振り返ったとしていても、未来からくる選択肢を取ることが出来ないから

 

その後ろを向いている瞬間に、前から無数の選択肢が流れていき、選択肢が流れていることに気つくことすらできないのだ。

 

だからこそ、常に前を向いて何が流れてくるのかをしっかり見ながら、選択していくことが自分の人生をもっと面白いものにしていく

 

未来から過去に時間が流れてると考えると、過去に関係なくこれからの自分の選択次第で人生を面白くできるという風に思えるのが素敵だし、自分の未来を考えるのがより楽しくなるよ!っていう話でした

新しい生活の始まり

久しぶりのブログ

 

最近は引越しをした

 

社会人生活を初めて2年間住んだ洋光台から、浦安に引越した

 

佐藤伸治くんの家に住ませてもらっている

住ませてもらう代わりに、自分が料理や掃除などの家事を色々やる予定だ

 

今回の引越しで、家具や、家電などほとんど捨てた

今持っている荷物は洋服と、キャンプ用具とその他パソコンなど本当にそれくらいしかない

 

それ以外はほとんど捨てた

 

捨てて思うことは

 たくさんのいらない物に囲まれると

それだけで体がすごく重くなるなあということ

 

全て捨てて風通りがよくなった部屋は

ものすごく心地がよかった

 

物が少ないとスッキリしていて気持ちいい

物がごちゃごちゃしていると、精神的に

その部屋に入るだけでだるくなってしまう

 

最近ミニマリストという言葉が流行っているが、

なんとなく理由がわかった気がする

 

いらないものにたくさん囲まれて生活するより、

必要な物しかないスッキリした家で生活する方が

日々の生活の気分と過ごし方がかなり違うと思う

 

そして、話は変わるが、

これから1,2年間は自分の持ち物をどんどん減らしていきたい

 

自分の全ての荷物をバックパックに全て入るくらいまで減らしたい

 

そこまで減らす理由としては、一つはバッグパックに収まれば

どこでも手軽に行けて、フットワークが軽くなること

 

もう一つは自分の荷物がそこまで少ないということが

すごく気持ちがいいからだ

 

なんで、自分の持ち物が少ないことが気持ちいいのか理由は

あまりわからないが、どんどんコンパクトにしていきたい

 

どんどん身軽になって、フットワークを軽くしていこう

 

 

 

大きな夢を見つけられなくても小さなやりたいことはいっぱいある

高校の頃から何かに命を燃やしたかった

 

なんか、自分に天職があって、それをやるために生まれてきたというようなものをずっと探していた

 

でも、よく考えたらこの世界の8割の人はやりたいことを仕事にできている人なんていないし、自分の夢、使命がわからない人も多いと思う

 

だから、焦らなくてもいいということ

 

もちろん、見つけられたら最高だし、見つける努力もする

 

最近思ったのは、夢みたいな大きなことは無くても、小さいやりたいことならいっぱいある

 

例えば、フィジーに行きたい、狩りの免許を取りたい、バイクに乗りたい、ウィッパサナー瞑想をしたいなど、小さいやりたいことならいっぱいある

 

だから、別に大きな夢が無くても、小さなやりたいことをやっていくのもすごく大事だと思う

 

むしろ、小さなやりたいことをいっぱいやるからこそ、大きな夢に繋がっていくんじゃないかなとも思う

 

大きな夢も、小さなやりたいことも、「やりたい」という気持ちの所では同じ

 

自分が欲しいのは自由とお金と生きてて良かったという実感

 

これが揃えばいろんな小さなやりたいことができる

 

そこに友達と家族と恋人がいれば、自分の人生はものすごく幸せだ

 

だからこそ、そのための階段を登っていかなければいけない

 

まず、労働者では自由とお金(ある程度の額のお金)は手にできない

 

だからまずは労働者を辞める

 

一つ一つステップアップしていこう

 

名誉はいらない

 

自分が欲しいものはまずそれを自分が出してからもらうことができる

会社は小学校の延長

題名通り小学校とはサラリーマン養成所であるという話

 

どういうことかというと、

まず日本は資本主義である

 

資本主義とは、資本家がいて、その下に大量の労働者がいる

 

お金持ちは、労働者にたくさん働いてもらうからお金持ちになれる

労働者がいないとお金持ちになれない

 

そうすると、この資本主義の日本にはまず大量の労働者が必要だ

 

みんなが起業家になったら、労働者がいなくなるのでこの国は

あっという間に破滅する

 

ということで、労働者を大量に作ろう!

けど、どうやって作る?

 

→子供のうちから労働者になることを当たり前にすればいい

 

どうやって当たり前にする?

→行動を強制させればいい

 

何時までに学校に来て、みんなで授業を受けて、みんなで

ご飯食べて、何時に帰る

 

廊下は走っちゃいけない、授業中は話しちゃいけない、

お昼ご飯は時間内に食べなければいけない、宿題をやらなければいけない

 

このようにすることで、まず強制させることに抵抗を無くさせる

 

強制されるのが当たり前の状態にする

そうすると、大人になってサラリーマンになっても小学校から

ずっと強制されてきたので、何も疑問に思わない

 

これ小学校から自由に強制無く生きてきた人がいたら、多分サラリーマンになれないと思う

なれたとしても多分ストレスですぐ辞めるだろう

 

わかりやすいたとえ話がある

 

ãé¶ é¤é¶å ´ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

上の画像は鶏の養鶏所である

 

生まれてから自由に育ってきた鶏を上のようなゲージに入れると、

ストレスで卵を産まず、そのまま死ぬらしい

 

しかし、ひよこの頃からゲージに入れるとどうなるか。

死なずにちゃんと卵を産むのだ

 

これは鶏もひよこの頃からゲージに入れられると、そのゲージの中にいるのが

当たり前になるので、そこに違和感を感じないのだろう

 

この鶏は自由を知らない

このゲージが当たり前だから、違和感も持たない

そして、ひたすら卵を産んだら死ぬ

 

これを人間社会に置き換えてみよう

 

小学校の頃から行動を強制させる

金持ちになる方法なんてもちろん教えない

 

強制されることが当たり前にする

そしたら今度はその強制されることに美徳を生み出す

 

無遅刻無欠勤はすごいね、宿題やってくるの偉いね、

先生の言うこと聞くの偉いね、テストで点数取れるのすごいね、

 

要するに強制されることができる人を皆で誉めるのだ

 

そうすると、強制されることができる人はどんどん褒められ、強制されることに抵抗を覚える人は怒られる

 

さて、このシステムはどんな人間を多く生み出すだろうか

 

答えは簡単で、強制されることに抵抗を全く覚えない大量の人間の出来上がり

 

これで、労働者がどんどん増えて、金持ちはどんどん金持ちになる

 

なので、会社は小学校の延長

 

だから、もし金持ちになりたかったら非常にシンプルである

 

労働者をやめればいい

 

自分が労働者を使う側になれば金持ちになれる

 

ただ、これも面白いところで、日本では起業しようと考えると、ものすごい恐怖が

押し寄せてくる

 

どうせ失敗する、失敗して惨めになる、お金がなくなるなどプラスの要素よりマイナスの要素がほとんどの人の頭の中に浮かぶだろう

 

なんかこれもそういう風に教え込まれてるんじゃないかなーって思ったりする

 

そこで、楽しいよとか挑戦することが大事とか、お金持ちになれるよとかプラスなイメージばかり皆の頭に浮かんだら、あっという間に起業家だらけになってしまう

 

それを防ぐために、そういうマイナスのイメージを刷り込ませてるんじゃないかなあと

 

話が長くなってしまったが、まとめると会社は小学校の延長という話でした

 

 

大事なのは願うことではなく叶った瞬間をイメージすること?

今日ネットで面白い文章を見つけた

 

 

まあ、少しスピリチュアルな話なんだけども

簡単にいうと、人間は自分が思った通りの人間になるし、

自分が思った通りの行動しか取れないということ

 

どういうことかというと、例えば叶えたい目標があるとする

そして、普通はそれを叶えたいと強く願う

 

例えばプロサッカー選手になりたいと思う人がいる

→そのために努力をしなきゃと考える

→努力しながら、サッカー選手になりたいと願う

 

これを続けていくと、頭の中にはサッカー選手になりたいと

願う自分のイメージが自分の頭の中に何回も保存されていく

 

そうすると、脳は本当に単純で、そのサッカー選手になりたいと願っている

自分になればいいのだなと判断し、サッカー選手をになりたいと願っている

自分になろうとする

 

だからこそ、願えば願うほど、目標は叶わず、願う自分だけが

続いていき、願いが叶えられないという現実が生まれる

 

脳というのはそれくらい誠実に自分のイメージに敏感らしい

 

じゃあどうすればいいのか

 

その目標が叶った瞬間を明確にイメージする

 

例えばさっきのサッカー選手だったら、自分がもうプロリーグで

サッカーしている姿をイメージして、俺プロになれてよかったあ

と思わずニヤニヤしてしまうくらいのイメージ

 

こうすると、脳はプロリーグで活躍している自分を忠実に

再現しようとする

 

もちろんそのイメージするだけで、プロサッカー選手になれるわけではないが、

脳の力を活用することで、確率は一気に上がるという話

 

少し初めて見たけども、以外と確かに効果ありそう

 

自分がイメージしたものが本当に現実化することがあった

 

例えば、今のこのブログもそうである

 

平日は仕事が忙しくて、帰って来る時間が遅く、本当は筋トレも

ブログも書きたいけれど、疲れてしまうのが3ヶ月ほど続いていた

 

ずっと、平日に筋トレしたいしブログ書きたいと願っていたけど、

なかなかそれができなかった

 

しかし、上の内容を知って、まず仕事が早く終わるイメージを

頭の中でした

 

そうすると、「はー、はやく仕事終わってよかったあ」とイメージなんだけど

なぜかめっちゃ安心する

 

そして、次は家に帰ってから筋トレしてブログを書き終わった後のイメージ

頭の中でする

 

そうすると、また「はー、やっと平日に筋トレとブログ書けたわー」

と、想像なんだけどもほっとする

 

上の二つを月曜日からずっとイメージしていたら、今日

20時過ぎに仕事を終わらせて、家に帰ってきてから

筋トレとブログを書くことができた

 

たまたまかもしれないけど、なんだろう、イメージできるとすごくほっとする

 

例えば、8月に仕事を辞めることを考えると、「大丈夫かな」とか、「お金どうしよう」とかいろいろ不安になるけれど、そこでちゃんと稼げて、毎日がとても楽しく過ごせている自分をイメージする

 

そうすると、「なんだ、大丈夫じゃん」と安心し、恐怖が消えていく

 

まだ、これがどれくらい効果があるかわからないけれど、もう少し続けてみようと思う

 

まとめると、脳って恐ろしいほど考えたことを忠実にするらしいよって話!