syouinsakamoto’s diary

世の中に対して自分が感じた事、変だと思った事をメモ程度に書いていきます。

時代は変わり始めているらしい

戦争が終わって、日本には何もなかった

そして、誰もがお金を持っていなかった

 

そんな時代、工場で働くことが当たり前だった

むしろ、仕事があるだけでありがたかった

だからこそ、仕事自体はものすごくキツイものだった

 

そこから日本は物つくりに力を入れていく

そうすると、工場で働く人が増えてきた

工場で働く人が増えてくると、工場を管理する人が出てきた

それがサラリーマン

 

サラリーマンは工場で働くよりも楽で、給料もいい

首にもならないし、毎年給料上がるし、退職金もでる

そうすると人生が楽になる

だから、サラリーマンになりたい人がものすごく増えた

サラリーマンになるには学校で勉強していい大学にいって

いい会社に入ることが大事ということになった

 

そして現在に至る

 

現在の日本は元気がない

実際に経済は伸び悩んでいる

 

一方アメリカ

元気で実際に経済も伸び続けている

 

なぜ???

なぜアメリカは伸びて日本は伸びない??

 

日本人の方がいっぱい働いているはず

物つくりも日本の方が優れているはず

 

なぜ??

 

答えとしては大きく二つ

 

1つ目は教育

 

日本の教育は質問があってそれに答える

徹底的にそれをやり、それがたくさん早くできる人が素晴らしい

 

一方アメリカ

アメリカの教育はなぜこの質問があるか考えろと言われ、それに答える

自分で考えることを徹底的にやり、それができる人が素晴らしい

 

2つ目はお金をもらう意識の違い

 

日本人の多くは、お金は会社から来ると思っている

 

アメリカ人の多くは、お金はお客さんから来ると思っている

 

この2つの違いがかなり大きい

 

本質はお金はお客さんから来る

お金はお客さんからしか来ない

 

だから会社は実はあなたのお客さんなのだ

自分たちは会社というお客さんとビジネスをやっているのだ

 

つまり、あなたは商売をやっているのだ

 

会社からお金をもらっているという言い方よりも、

お客さんからお金をもらっているといった方が正しい

 

じゃあ今のこの世界のお客さんは何を買うのか

今は皆エアコンを持って、冷蔵庫を持って、車を持つ時代になった

必要な物を持っていない人は本当に少なくなった

 

そんな中で、今の人は何を買う?

 

今の人は楽しいことにお金を使う

それは映画だったり、旅行だったり、ショッピングだったり

そう、今の人は楽しいことにお金を使う

 

じゃあ楽しいことはどういう人が思いつくのか

それは楽しいことをしている人だ

やなことやっている人から楽しいアイディアはなかなか出てこない

 

なので、これからは必要ではないけど、楽しい物が売れる時代

楽しいものを売るには自分が幸せでなければならない

 

今まで、この昭和から平成にかけては働いている時は辛いけど、プライベートは楽しもうという時代だった

 

しかし、これからは働いている時も楽しんでいいという時代

 

幸せに働いていいということ

 

そして、これからは発明の時代

発明すれば他の国に物つくりを頼める

だからこそ、話が戻るが日本は伸び悩み、アメリカは伸びているのだ

アメリカは発明してるのだ

日本は言われたことをやっているのだ

 

 

人類は幸せなことを求めて進化し続ける

 

商売の根本は人に幸せを届けること

 

そして、人に幸せを届けるためには自分が幸せである方が有利ということ

 

まとめると、これまでは人の幸せは冷蔵庫だったり、クーラーだったり、

車だったり、日々の生活に不可欠な物だった

だからこそ、工場での物つくりの仕事が多く、そこで働いている人も多かった

 

しかし、今は皆日々の生活に不可欠な物は持っている

そして、物つくりは中国など日本より安く、そこそこいいものを作る国も非常に増えてきた

 

じゃあこれからの時代は人々は何を求めるのか

 

これからの人々は楽しいことを求める

楽しいことにお金を払う

 

そして、楽しいことはいやなことをやっている人からはなかなか生まれない

楽しいことは楽しいことをやっている人から生まれる

 

だからこそ、楽しく働こう

 

楽しんで働いていいという時代になってきたのだ

 

 

 

 

挑戦することが怖い理由

何かに挑戦しようと怖い気持ちが生まれる

転職や起業の際には特にそうである

 

なぜだろう?

 

簡単に言うと死を意識してしまうから

 

まず脳というものは何よりも生き残ることを優先に考えている

 

例えば走ってるトラックが自分の目の前にやってくるとする

そうすると、脳の中の一番古い部分が生き残ることを考える

 

普通はトラックが来たら、右に逃げようか、左に逃げようかなどと

まず考えるが、その生き残るという部分が活用されると、

トラックが目の前に現れてから、避けるまでに1秒以内に

トラックを避けることができるらしい

 

なぜこの例を話したかというと、挑戦する時に脳は

この挑戦がトラックが目の前に現れる現象と同じであると

錯覚してしまっているからである

 

ようするに、挑戦すると死ぬと考えているのだ

 

失敗したら、社会的尊敬を失う、親から認められない、

お金がなくなる、生活できない、食べる物がない、死ぬ

 

このようにして、挑戦をトラックが当たる時と同じようなこと(死ぬこと)だと

脳が勘違いしている

 

だから、脳にそれは勘違いであることを

教えてあげなければいけない

 

別に挑戦したからといって、死ぬわけではない

 

では失敗とはなんだろうか

失敗とは自分の間違いを教えてくれるものである

 

成功した人の例を考えよう

成功した人は必ず失敗している

その失敗は間違いを教えてくれるもの

なので、成功した人はたくさんの間違いを犯して、そこからたくさん学んで

成功したのだ

だから、むしろ失敗とはありがたいものなんじゃないかな

 

ただ、一般には失敗はものすごくよくないことだと考えられている

失敗すると、世間から認められない、社会的信用を失うなど、、

 

そうじゃない

なので失敗とは、「あ、これ間違ってたのか!おけー経験値また上がったわ」

くらいに捉えるくらいで十分なんだ

失敗とはそのようなものであると脳に教えてあげることが大事

 

なので、まとめると

挑戦する時にトラックはないこと(死なないこと)を理解すること

挑戦して何度でも失敗して、間違いを正していけばいいのだ

いつ辞めるか

この問いにずっと頭を抱えている

 

俺は会社に入社した

 

そして、学校に通わせてもらった

育ててもらった

 

これに関しては本当に感謝している

 

自分だけでやっていたらおそらくだけど、

俺はここまでできなかっただろう

 

だからこそ感謝している

 

ただ、恩を返さなければ辞められないのだろうか

 

恩を返さなければ自分の道を歩いちゃいけないのだろうか

 

大事なことは人生なんて一瞬だということ

 

ただし、これからも人との関わりは続いていく

 

自分はどうしたい?

 

やはりお世話になったことは事実

 

そのお世話になった人たちに急に自分がやりたいことができたから

辞めるというのは確かに違う

 

だからと言って恩を返しきるまで自分の人生を捧げることも

違う気がする

 

やりたいことができることはおかしいことではない

 

だからこそ、引き継ぎしてやめれば問題ない

引き継ぎがしっかりできれば迷惑は少なくなる

 

ただ、この引き継ぎにダラダラ時間をかけたくない

まあぶっちゃけ仕事が新機能を開発していくだけだから

引き継ぐこともそんなにないのだが笑

 

期間を決めよう

 

どこまでならいける?

 

6月かな

 

6月が限界

 

中途か新卒が入ってくるかはわからないがとりあえず

誰かを入れてもらって引き継ぐ

 

新卒だとしても、2ヶ月あれば大抵のことは

教えられる

 

そして、4ヶ月も辞めるのを伸ばすのだから

その間にフリーランスになる準備をしよう

 

・お金を貯める

6月に辞めるとしても約40万貯めることができる

 

・クリスの動画とARの動画を勉強する

どちらも何も見なくても言えるようになるくらい

覚える

クリスの部屋というユーチューブの動画は特におすすめ

 

・実際にフリーランスとしての仕事をもらう

まずは自分のパソコンに開発環境を作る

そんでとりあえずHPを作る

それができたら実際にフリーランスとして

仕事をやってみる

・bootstrapとwordpressの勉強

 

・どんどん物を捨てていく

 

やっぱり文字に起こすと頭がものすごく整理される

 

ブログは定期的に書いていこう

恐怖をなくす方法

久しぶりのブログ

 

2,3ヶ月ぶりくらいに書くけども、この間に会社を辞める決断を下した。

 

その間一番大変だったことが、その都度襲ってくる恐怖感だった。

 

「自分は失敗してしまうんじゃないか」「会社に迷惑をかけるから嫌われたらどうしよう」「お金がなくなったらどうしよう」

 

こういう恐怖感がずっとついてまわっていた

 

そのときの解決策としては、「いくら悩んでも解決しないからまずは行動してみよう」だったり、「自分は明日死んでしまうから今やってみよう」だったり、色々あったがなにより一番大切なことがある。

 

それは愛の世界を想像すること

こう見ると、めちゃくちゃ臭いことを言ってるけども笑

 

この世界には二つの世界があると思っていて、一つは愛がある世界、もう一つは恐怖がある世界

 

愛がある世界は、みんなそのまんまの自分を愛していて、そのまんまの相手を愛している。そこには笑顔がいっぱいあって優しさなど暖かさに満ち溢れている。

 

恐怖がある世界はみんなそのまんまの自分を愛していない。そのまんまの相手を愛していない。暴力が溢れ、相手から奪ったり、恐れが満ち溢れている世界。

 

さて、話を少し戻すと、恐怖が襲ってくると、この「愛がある世界」がないんじゃないかと思ってしまうのだ。

そうするとものすごく不安になってしまい、動けなくなってしまう。

 

例えば、仕事を辞めることを例として考えてみる。

 

仕事を止めようとすると、失敗したらどうしようとか、お金がなくなったらどうしようとか、そういう「恐怖がある世界」がものすごく頭に浮かび、「愛がある世界」のことを忘れてしまう。

 

辞めたら暗くて辛くて自分のことも相手のことも愛せない世界が待っているんじゃないかと考えてしまう。。

ではどうすればいいのか。

 

大事なことはここで「愛のある世界」を思い出すこと。

 

みんなが愛し合っている世界、ものすごく暖かい世界。

そして、自分はその世界にいるから大丈夫だと。

 

辞めても自分は愛の世界で生きていける。

そのまんまの自分を愛し、そのまんまの相手を愛し、暖かい世界で生きていける。

 

このように考えると、恐怖が頭の中から追い出されていく。

自分の心の中に暖かいものが広がっていく。

 

恐怖の力がすごく強力なように、愛の力もすごく強力なんだと思う。

 

どうせどちらかの力を使うなら、恐怖の力ではなく愛の力をいっぱい使いたいね。

 

このようにして、自分の中の恐怖というのは無くすことができる

 

今の日本はどちらかというと恐怖に満ち溢れているとおもう。

 

未来はもっと愛が満ち溢れてる世界がいいなあ。

 

まあ、ぶっちゃけできない理由を炙り出して、一つ一つ潰していくっていうのもありだけどね

仕事のことなんかより毎日やりたいこと考えようぜ!

今日は面白いことがあった

 

今日は仕事が早く終わったので、家に帰り、早速昨日ブログで書いた

 

「自分のやりたいことを知って、それをやる」

 

の自分のやりたいことを考えよう!と思い、早速考えてみた

 

しかし、最初に浮かんだのはたったの二つ。

 

あれ、俺ってこんなにやりたいことなかったのかと失望した、、、

 

そこから頭を捻らせ、考えること10分、、、

 

ポンポンポンと少しずつやりたいことが浮かんできた

 

それを続けることさらに10分、、、

 

さらにポンポンポンと浮かんでくる

 

なんだこれは、、、

 

最初は二つしかなかったのに、少し考えるだけでその10倍は出てきた

 

これはいつも自分のブログでも言っているのだが、赤いもの現象だと思う

 

「今から周りのものを5秒みて何があるか覚えてください」

 

と言われるのと

 

「今から周りのものを5秒みて、赤いものを覚えてください」

 

と言われるのでは、見えるものが全く違う

 

いかに俺はやりたいことを考えていなかったのか、、、

 

思えば、来る日も来る日も終電まで働いて、休みの日はリフレッシュしか頭にない

 

そんな生活をずっと送っていた

 

そりゃあ、やりたいことも考えられないわけだ

 

日本人がやりたいことなんですか?って言われた時にすぐに答えられない人が多いのって、これが原因だと思う

 

みんな忙しすぎて、そしてやりたいことを考えていないだけ

 

見ようと思えば見える

 

だからこそ、俺はこれから毎日夜自分がやりたいことを30分くらい考えることにする

 

終電まで仕事なんてしてる場合じゃない

 

とりあえず、フィジー行きたい、ウィッパサナー瞑想したい、なぜをひたすら繰り返す日びを送ってみたい、農業やってみたい、狩猟やってみたい、友達と心から笑える時間を過ごしたい、HEROとたくさん飲みたい、好きな女の子とデートしたい、宇宙行ってみたい、などなど

 

やりたいことどんどんやっていこう

 

不幸になるために生まれてきたんじゃない

 

幸せになるために生まれてきたんだから

自分を愛するということ

今、この世界にはお前なんてダメだ

お前なんていなくなっても何も変わらないというメッセージが非常に多いように思う

 

そのようなメッセージがあると、自分のことを好きでなくなっていく

 

自分は無価値な人間だ

自分なんていなくても

 

そのような思いが自分の中で大きくなっていく

 

声を大きくして言いたい

 

そんなことはない

 

それは社会、またはある一部の人間が言っているだけであって

それは真実ではない

 

自分のことを愛するということ

 

仕事が出来なくたっていいし、友達がいなくたっていいし、恋人がいなくたっていいし、お金が無くたって別にいい

 

どんな自分でも自分を抱きしめてあげよう

 

この世界は宇宙も含めて愛からできていると思っている

 

うまく言えないけど、無価値な人間、ダメな人間が生まれることはないと思う

 

子供を見てほしい

 

生まれたばかりの子供が周りから何も言われずに自分のことなんかダメだと思うことはなく、彼らは輝いた目で毎日をとても楽しそうに生きている

 

誰もが素晴らしい存在

 

なぜじぶんのことをダメだと思うようになってしまうのか

 

それは大きくなるにつれてこの社会に求められることを出来る人は、すごい人、

求められることが出来ない人はダメな人

 

このような基準で人を判断されるからである

 

別に自分がダメなわけではない

 

単純に社会がそれを勝手に求めてきて、それが出来ないと勝手にダメという烙印が押されてしまっているだけである

 

それは勝手に社会が決めているだけであって、真実は自分がダメということではない

 

真実は自分という存在は美しく、素晴らしいということ

 

だから、そんな社会の言葉に耳を貸すことはない

 

何を言われても、どんなひどいことがあっても、どんな自分でも自分を愛すること

 

それが何よりも大事な気がする

 

そうすれば自分という存在の素晴らしさを忘れずに歩いて行ける

 

みんなが自分を愛し、他人を非難しない世界

そんな世界がいつか来るといいなと思っている

毎日の生活になぜを問いかけよう

最近は毎日の生活になぜを問いかけるようにしている

 

なぜ今自分はこの仕事をしているのだろう?

なぜ自分はこの瞬間が大好きなのだろう?

 

一つのなぜに何回も何回もなぜを繰り返していく

 

そうすると、これ以上もう掘れないというところにたどり着く

 

なんだそんなことかと思うかもしれないが、これを侮ってはいけない

 

自分が知らなかった自分の気持ちに気つくことが本当に多い

 

意外と自分のことを知るというのは難しい

 

自分が何が好きで、何が嫌いで、何がしたくて、何がしたくないのか

意外と、すぐに答えることが出来ない人が多いと思う

 

毎日の生活はすごく忙しく、そんなことを考えている暇もない

 

それがすごくおかしい

自分という人間を知ることより、仕事の方が大切なわけはない

 

まずは自分という人間がどんな人間か知ること

 

そして、知れたら今度は自分の好きなこと、したいことをしたいためにはどうすればいいかと考え、行動していくこと

 

自分の場合は「今生きてるなあ、生まれてきてよかったなあ」という体験をこの人生でいっぱいしたい

 

だからそのためにはどうすればいいかを考え、行動していかなければならない

 

まずは自分を知ること

 

そのためには日常の出来事になぜを何回も繰り返して、掘っていくことが大事

 

自分が美しいと思える人生を送ろう