syouinsakamoto’s diary

世の中に対して自分が感じた事、変だと思った事をメモ程度に書いていきます。

バットをどんどん振って、どんどん恥をかけ そしてどんどん修正して、どんどん打てるようになれ

仕事のスタンス、人生のスタンスとして

まずはバットを振ることが大事だなと感じるこの頃

 

バットを振ると色々分かることがある

自分はバットを早く振りすぎているのか、遅く振っているのか

早く振りすぎているなら次は少し遅めに振ればいい

遅く振っているなら次は少し早めに振ればいい

次は修正すればいい

 

あとはその繰り返しだ

そうすれば必ず打てるようになる

 

一番もったいないのはバットを振らないことだ

バットを振らないと何も分からない

 

バットを振らなければ失敗はしないかもしれない

しかし、成功も絶対にしない

 

バットをどんどん振っていこう

どんどん恥をかこう

どんどん批判されよう

どんどん修正しよう

 

それができた時、あなたは誰よりも出来る人間になっている

素直に生きよう

フリーランスになってから相手に与えることを意識して生きるようになった

 

でも、それも大事だけど、やっぱり人に認められなくてもやることも大事

 

だからこそ俺が目指すものは自分のためにもなり相手のためにもなること

 

自分のためにはならず相手のためになることはなるべくしたくない

 

丸い人間になりたいわけじゃない

 

周りから批判されようがバカにされようが俺はこれがやりたいからこれをやってるんだぜという生き方をしたい

 

仕事は客観的に、生き方は主体的に

 

仕事は感動を与えよう、生き方は承認欲求を否定しよう

 

そんな生き方をしていこう

やらないからやる気が出ない、やるからやる気が出る

最近気がついたことがある

 

やる気なんてものはやるかやらないかだけであるということ

 

やり始めればどんどんやるし、やり始めなければどんどんやらない

 

後回しにすればするほどやらないし、先にやっちゃえばやるほどどんどんやれる

 

時間が長くなるほどレベルアップしていく

 

やらない時間が長くなればなるほど、やらないレベルが上がっていきやるまでがすごく大変になってしまう

 

逆にやる時間が長くなればなるほど、やるレベルが上がっていき、やらないのが大変になってしまう

 

やらない時間が長くなればなるほど、コンフォートゾーンがやらない選択になっていき、やらないことに落ち着くようになってしまう

 

やる時間が長くなればなるほど、コンフォートゾーンがやる選択になっていき、やることに落ち着くようになっていく

 

 

そして、人間は楽に流されやすい

なので、やらない時間が長くなりやすい

 

しかし、やらない時間が長くなればなるほど、未来は暗くなっていく

簡単にいうと、お金は入ってこない

お金が入ってこないと、選択肢がどんどん狭まっていく

 

電車に乗れない、友達と遊びに行けない、旅行に行けない

 

自分は選択肢を増やしたい

なので、お金が必要になる

 

そしてお金を手に入れるためにはやる必要がある

 

だからまずはやることを仕組み化したい

これが会社などに入っていれば強制なのでそんな仕組み化する必要はないが、今は自己管理能力が全て

 

まず一番大事なのは夜と朝

 

夜ダラダラして眠れなかったりすると、朝起きるのが億劫になりそのままダラダラしてしまう

 

要するに早寝早起きだ

 

朝起きたらまずは仕事

朝に一気に終わらせる

 

これをまず仕組み化させる

 

その場で今やることが一番恐怖をなくす方法になる

 

やるからやる気が出る

仕組みを作り出そう

フリーランスになったけども、収入が安定しない

 

正直これで収入が安定したら、だいぶ落ち着く

 

仕事が忙しすぎることもないし、あとはカンボジアの仕事も仕組み化させて、自分がいなくても回せるようになればカンボジアに行かなくてもよくなる

 

仕事を定期的に取れる仕組みを作らなければいけない

 

①ネットでもらえる仕組みを作る

 

②人から仕事をもらって、新しい仕事を生み出す

 

③代理店とつながりを作る

 

一番簡単そうなのは代理店と繋がるかな

 

期限は来年まで

 

最近、自分が何をしたいのか分からなくなった

というより、この26年間ずっとそれに悩んできている

 

ただ、26年間ずっと変わらないものもある

それは好きな時に好きな人に会って好きな場所に行きたい

 

これだけは本当に高校生の頃から変わらない

 

なんか、世界をよくしたいとか日本を変えなきゃとか思ってたけど、一番芯の部分は

好きな時に好きな人と会って好きな場所に行きたい

 

これだけだと思う

 

これができることを証明できれば日本で苦しんでいる人の新たな選択肢になれるかもしれない

一旦、まずはこれを目的にして頑張ろう

 

好きな時に好きな人と会って好きな場所に行く

 

これをやるためには時間とお金が必要だ

 

お金は人に感動を与えられれば与えられるほどお金は自分に入ってくる

 

時間はその感動をいかに短い時間で提供できるかにかかってくる

 

長い時間がかかってしまうと時間はなくなってしまう

 

なので、自分が考えなければいけないことは短い時間でいかに大きな感動を与えられるか

 

それを考えていこう

PDCAを高速回転させて相手を感動させる

ビジネスで大事なことはとにかくPDCAを高速回転させること

 

 

やってダメだったらやり方を変えてチャレンジ

やってダメだったらやり方を変えてチャレンジ

 

とにかくこれを論理的にスピードを持って繰り返す

 

そして、根本的には相手を感動させるという前提ありき

 

これを極めていく

結局自分は選択肢を増やしたいだけ

海外にいると、少し日本を客観的に見れる気がする

 

日本の働き方はやはり選択肢が少ない気がする

 

まず、新卒で入社する

そうすると、最低三年は働けという文化がある

 

3年も働くと、なんだかんだ4,5年働いてしまう

そうすると、30近くになり、多くの人が結婚するようになる

 

結婚すると、子供が生まれ、お金を稼がなければいけない

そして、もう会社をやめる選択肢はなくなり、会社の中で出世していくことだけが選択肢として残る

 

そして、部長や課長になれば年収も上がるが、それだけ責任も大きくなり、ストレスも大きくなっていく

 

やはり、このような流れになり、選択肢が減っていく人がすごく多いと思う

 

でもなんでそうなるのだろうか

 

それは国を牛耳ってるのは大企業であり、大企業がそのような流れを作っているからだ

 

大企業は自分の会社で言うことを聞く人材を育てたい

そして、変な個性は持たずに、不満も持たない言われたことを正確にやる人材が欲しい

 

なので、手を出すのは教育のところ

 

まず、学校は制服などを着せて、スーツに違和感をなくす

そして、個性を出さずに言われたことを出来る人間がすごいという文化を作る

 

いい大学に行って大企業に入って、家を買って家庭を持つことがいい人生だというイメージを植え付けさせる

 

これで今の日本が出来上がる

 

このシステムの中に入ると、自分の選択肢は少なくなっていくだけなので、自分はこのシステムから出た

 

このシステムから出ると、安定や補助といったものが無くなるデメリットも多いが、新しい環境、情報というメリットも多い

 

このように生きていると、そのように生きている仲間が集まってくる

そして、そこでシステムの中にいた頃には絶対に手に入らない情報が手に入ったりする

 

環境が変わると周りの人が変わり、周りの人が変わると情報が変わる

 

自分はサービスを作る側の人間に回りたい

 

そうすればより多くの人を喜ばせることが出来る

 

多くの人を喜ばせるとそれを見て幸せを感じられるし、お金も入ってくる

 

最近、お金に関する考え方が大きく変わってきている

 

昔はお金は汚いものだ、金持ちは嫌いというようなマイナスイメージを持っていた

 

しかし、このお金は汚いというイメージを植え付けさせているのも、上の人間によるもの

 

なんでお金が汚いかに関して論理的に説明はできない

 

お金を手にするということはそれだけ多くの人を喜ばせたという証拠

 

そして、お金は自分のやりたいことをやる手段である

 

お金があればあるほど、自分のやりたいことが達成できる可能性が上がる

 

だから今はお金を汚いものだとは全く思わない

 

お金欲しいし、自分はいずれお金を持つ人間になる

 

今まで考えていたことが、日本独自の考え方だったんだなあと海外にいると思うことがたくさんある

 

それは広い世界のたった一部の考え

たくさん考え方があるのだから、自分にあった考え方を選んで行った方が幸せになる気がする