syouinsakamoto’s diary

世の中に対して自分が感じた事、変だと思った事をメモ程度に書いていきます。

言いたいことを言えないのは何故なのだろう

言いたいことをそのまま伝えないのに言えない自分がいる

 

自分はこれをやりたい、これは嫌だ

こんな簡単なことがなぜ言えないのだろうか

 

やっぱりそれは人に嫌われたくないからだと思う

 

今まではゴールがしっかり定まっていなかった

ゴールがあると、軸ができる

軸があるからこそ、嫌われても別に気にしない

 

逆にゴールがないと、軸がないから人から嫌われると不安になる

だから嫌われたくなくなる

 

今自分はゴールができた

ただ、そこまでの道がまだ抽象的だ

 

「好きな人をいっぱい愛して、いっぱい愛されて、多くの人から人生がより良くなりました、ありがとうと言われる」

 

ゴールまでの手段がまだすごく曖昧

 

多くの人から人生がより良くなりましたと言われるためにプログラミングを使うのか、何か自分でサービスを作るのか、そこがすごく曖昧

 

正直最近はその手段がプログラミングでは無いんじゃないかなと思ったりもしている

 

そこのところを考えないとな

 

 

辛いことの方が多いけど愛を感じられる瞬間があるからこそ生きていこうと思える

昨日まで大学生8人のツアーのアテンドをしていた

 

今回は女の子8人のツアーだったのだが、少人数だからこそより仲良くなれた

 

最後ツアーが終わる際に、「逸見さんがアテンドでよかったです」「人生で一番楽しい一週間でした」などと何人もの子に言われてグッとくるものがあった

 

自分の人生のゴール

「自分の好きな人をいっぱい愛し、いっぱい愛され、多くの人から人生がより良くなりました、ありがとうと言われる」

 

彼女たちの人生が自分がアテンドだったことによって、少しでも幸せな人生に繋がってくれたら嬉しい

 

今回のツアーでは愛を感じる瞬間が確かにあった

 

愛を感じられると生きててよかったなあ、またこれからも生きていこうと思える

 

生きていると、愛を感じる瞬間よりも辛い瞬間の方が多い

 

でも、だからこそ愛を感じられた瞬間に大きな感動が生まれる

 

どんだけ辛いことがあってもいいから、その分何回も愛を感じられる瞬間があるなら文句はない

 

彼女たちの人生がより良くなることを願っているし、これからもそういうありがとうを多く言ってもらえる人生にしていきたい

 

周りは敵ではなく味方

社会人になってから、一緒に仕事をする人が味方という認識があまりなかった

 

怒られないように、迷惑にならないようにと考えて仕事をすることが多かったため、仲間意識を持つことがほとんどなかった

 

ただ、最近気がついたことがある

一番大事なのはお互い協力して、お互いの妥協点を見つけること

そして、その上でお互いに最高のパフォーマンスをすること

 

これがすごく大事だなあと思う

 

自分が損して相手が得を得てもダメだし、自分が得をして相手が損をしてもダメ

 

交渉とはお互いの妥協点を見つける作業

相手を論破したり、自分が自己犠牲をするところではない

 

お互い敵ではなく、味方なのだ

 

お互いに価値がある状態で、お互いが得をする

そんな仕事をしていこう

シンプルだ

年齢によって価値観は変わる

 

今やりたいことが50歳になった時にやりたいかというとほぼやりたくなくなってる可能性が高い

 

死ぬときに後悔しないようにするにはこの今やりたいことを今やっていくしかないと思う

 

歳を重ねるほど一日の重要度が上がっていく

歳を重ねるほど一日一日の積み重ねの大事さがわかる

 

難しいことはなく、シンプルに自分のやりたいことを把握して、毎日どうすれば叶えられるか考え実行していく

 

それが5年、10年経って上記をしっかりやっていればいろんなことが叶えられているはずである(まあ毎日考えて実行とめんどくさいが笑)

 

ゴール決めて、そこまでの道のり考えて、歩きながら軌道修正していく

 

これを毎日積み重ねていこう

まずはやりたいことを明確にする そのあとは捨てる作業

最近自己実現に向けて本を読んでいたりする

 

最近面白かったのは

7つの習慣

・エッセンシャル思考

 

この2つが面白かったので、これを自分に落とし込んでいく

 

まず自己実現に向けてやらなければいけないことはゴールを決めること

そのゴールは自分の葬儀の弔辞で何を言われたいかによって決まる

 

自分のゴールは

「周りに好きな人をいっぱい愛して、いっぱい愛されて、多くの人から人生がより良く幸せになりました、ありがとうと言ってもらう」

 

最近自分のゴールがコロコロ変わりすぎている気がするが、軸は変わっておらず、言い方を少し変えてる感じ

 

プライベートでは自分の周りの好きな人たちとたくさん遊んで、たくさん話して、幸せな思い出を積み重ねていく

 

そして、仕事ではどうなりたいかが曖昧だったのだけれども、自分はwebコンサルタントを目指そうと思う

 

というのも、ここ数ヶ月何社かのHPを作成してきた

その中で、自分が好きな人のHPを作ることもあり、全く知らない人と好きな人のHPを作るのでは全く楽しさが違った

 

自分のゴールは

「周りに好きな人をいっぱい愛して、いっぱい愛されて、多くの人から人生がより良く幸せになりました、ありがとうと言ってもらう」

 

なので、仕事でも好きな人と関わっていきたいなと思うようになった

 

今自分はどっちかというと開発をメインでやっているので、webシステムやHPを作ることはできるが、それを使ってお客さんをどうやって増やしていくかなどwebマーケティングの方は正直弱い

 

正直、HPを作るとかだけだと、ほぼ全ての会社がHPを持っているので仕事に繋がりずらいが、webコンサルという立場になれば仕事の幅が一気に広がる

 

そして、仕事の幅が広がれば仕事をする人も選ぶことができる

 

なので、理想像は好きな人がやっている事業のwebを担当し、webの力でその人の事業の売り上げを上げること

 

興味ない人の仕事は受けずに、好きな人だけ担当する

 

そして、プライベートは自分で仕事をする時間をコントロール出来るようにして、いつでも誰とでもどこでも会えるような状態にする

 

こうすれば自分の好きなプログラミングを活かせることも出来るし、仕事をしながら好きな人とさらに一緒に時間を過ごしながら、その人たちの力になれることも出来る

 

これがちゃんとできれば死ぬときに後悔することはだいぶなさそう

 

ゴールがだいぶ明確になってきた

 

ゴールが明確になってきたら、次にやることは捨てる作業

 

このゴールに繋がることでなければ、その仕事は断るようにする

 

合言葉としては

「より少なく より良く」

 

フリーランスになってから、もらえる仕事は何でもやってきた

カンボジアに行けと言われればカンボジアに住み、3千円でweb制作の仕事を受けたこともある

 

でも、一旦それを辞める

 

目標から逆算して、今必要なことだけにエネルギーを集中出来るようにシフトしていく

 

今自分がやらなければいけないことは0からHPやシステムを作り出し、それによりその会社の売り上げを伸ばすこと

 

これができればwebコンサルタントとして活動が出来る

 

なので、1年後の目標としては24個(月に2個)自分で0から作り出し、それらの中の半分はその会社の売り上げに貢献する

 

なので、まずは毎月最低でも2つサイトかシステムを0から作り、完成させる

 

やりたいことは明確化されてきたので、あとはそこまでの道のりを何パターンか考えて、それに繋がること以外は削っていく

 

今年はこれを大切にして行動していこう

自分がやりたいことのさらにその先

久しぶりのブログ

 

来週まで一旦落ち着くので、また来週までは定期的にブログを書いていく

 

今回のテーマは自分がやりたいことのさらにその先

 

自分がやりたいことはこのブログでは何回も言っているが

「好きな時に好きな場所で好きな人と好きなことをする」

 

この先を考えてみたいと思う

というのも最近は7つの習慣という本を読んでいて、その中の第二の習慣にゴールを決めなさいという項目がある

 

自分にとってゴールは上記のことかなと思ったのだけれども、この本が言うにはゴールの決め方は自分の葬儀を想像してみなさいとのこと

 

せっかくなので読者の方も試してみてほしい

 

自分の葬儀を想像し、参列している人を想像し、その参列している人がどんな反応をしているかまで考える

 

そして、ここからが一番大事なのがその参列した人たちが弔辞を読む

この弔辞で何を言ってもらえたら自分は嬉しいかを考える

 

そして、この弔辞で言ってもらって嬉しいことがあなたのゴールだと

 

なるほどなるほど

自分は何を言ってもらえたら嬉しいかなと考えてみた

 

自分がまず言ってもらいたい人は家族・友達・恋人

 

そして、内容は

「逸見と人生を楽しめて本当に心から幸せでした

逸見、ありがとう」

 

これを心から強く思い、そこに愛がたくさん詰まっている言葉で言ってもらえれば自分はすごく嬉しい

 

助けてくれてありがとうとかでもないし、あなたのお陰で人生が良くなりましたなどそういうことでもない

世界を変えるような発明をしてくれてありがとうでもなく、影響を与えてくれてありがとうとかでもない

 

単純に自分と会って、自分と過ごした時間がその人にとって幸せなものだった

自分もその人と過ごした時間が幸せなものだった

 

そういう関係性の人が弔辞に立ち、自分との馬鹿話のエピソードを何個も笑いながら話して、笑いながら泣いてくれてたら自分はすごく嬉しい

 

だから自分は誰かを救いたいとか、世界を変えたいとかそういうことはあまり考えていないのだと思う

 

考えていることは

自分が好きな人と幸せな時間をたくさん積み重ねること

 

ただこれだけである

 

だからこそ、自分の最近までのゴールは

「好きな場所で好きな時に好きな人と好きなことをする」

だったのだと思う

 

なので、これから大事なことは自分が好きな人と幸せな時間をたくさん積み重ねること以外はやらないという選択を取っていかなければいけない

 

目的以外の時間が増えてしまえば、目的が達成される可能性は低くなる

 

なので、ここで個人のルールを決めていくことが大事

 

どういうことをやって、どういうことをやってはいけないかなど全て明文化する

 

分かりやすく言うと日本の拳法みたいなものを考える

人を殺してはいけいないや、税金を納めなければいけないなど

 

それを個人バージョンで考える

そして、その明文化したルールに沿って行動していく

 

そうすれば目的に使う時間がどんどん増えていくはず

 

なので、明日はその個人ルールを考えていきたいと思う

 

 

 

自己実現までの道

少し今回は期間が空いてしまった

2日1度くらいのペースで書いていきたい

 

今回は前回に続き、自己実現をするための方法を整理していく

 

自己実現していくために必要なこととしてまず大切なのはゴールを決めて、そこまでの道筋を複数描くこと

 

当たり前だがまずゴールを決めなければいけない

当たり前なんだけども、自分はこのゴールがなかった

自分のやりたいことが分からなかった

 

そうすると当たり前だが、戦略の立てようがない

 

なので、まずは自己実現のスタートとしてはゴールを決めること

当たり前なのだけども、日々の生活が忙しくて、自分が何をやりたいか分かっていない人は多い気がする

 

自分の場合は好きな時に好きな場所で好きな人と好きなことをできる様にすること

 

じゃあ次に何をしていくかというと、ゴールまでの道筋を考える

まずこれをやって次にこれをやってその次にこれをやるという様な形で

 

この道筋に関しては専門家に相談した方が効率的である

自分の場合だったら自由人の人などに自分の道筋を見てもらうなど

自分だけで考えると、方向性が間違っていることに気つかなかったり、もっと早く到達できるのに遠回りしてしまっていることなどに気つくことができないので、専門家に見てもらうのが効率的

 

更にポイントとしてはこの道筋は一歩一歩小さく設定していく

例えば月10万稼いでいる人がいきなり月60万を設定しても達成できるわけもなく、その達成できなかった自分を攻めてしまい、病んでしまうことが多い

 

なので、目的自体は大きいもので問題ないが、それまでの目標は小さく設定していく

さっきの例で言うと月10万稼いでいる人は次のステップは月12万に設定するなど

 

このステップを何回も達成していくと自分に自信がついていく

自信というのはやり遂げることによってしか身につかない

人からもらえるものでもなく、考え方を変えて身につくものでもない

やり遂げることにのみ自信はついてくる

 

実際自分も12月あたりから仕事が貰える様になり、それをやり遂げることによって少し自分に自信がついてきた

 

そして自信がついてくると、顔つきや考え方、行動が変わってくる

なので、まずは小さいステップを何個も達成し、自信をつけること

 

そして、ゴールまでの道筋は何個も用意しておくこと

1つ道筋を作っても何かの原因でそれが壊れてしまうこともある

なので、その際は用意しておいた別の道に切り替える

 

行動しながら考えることも出来るが、エネルギーを分散させなければいけないため、それは少し効率が悪い

 

簡単な例で言うと、大工が建物を作る時に、作りながら設計をしていたら非常に時間がかかるだろう

そして、設計図がよければ良いほど実現度は高くなる

 

なので、まずは設計図を用意することから始めよう

 

正直、自分はフリーランスになる際ほんとに何も考えずにえいや!と始めたので、今考えるとよくそれで1年間食えてきたなと思う笑

 

次回は自分の設計図を考えていく