syouinsakamoto’s diary

世の中に対して自分が感じた事、変だと思った事をメモ程度に書いていきます。

瞑想

あけましておめでとうございます。

 

新年が明けました。

今年はちゃーと年を越すことができ、神社で最高の年を開けることができた。

今年は何か今までで一番いい年になる気がする。

 

年明けはちゃーが長野に来て、本気のかまくらをやぎと船井とやぎと5人で作った。

最高だった。

 

思ったのはやっぱり妥協しちゃいけないなと。

いかに妥協せずに本気でやれるかが人生を面白くするなと思った。

 

 

さて、その後に今回はフィリピンに行ってきた。

目的は瞑想である。

 

昔から山に入って一週間ほど瞑想するのが夢でもあったので今回はそれを実行してきた。

 

瞑想をやって良かったことを箇条書きで上げていこう。

・考えが色々整理できる

・体の中の毒素が抜ける

・やった後にものすごいスッキリする

 

おもにこの3つかな。

そして、瞑想は想像以上にエネルギーを使うことが判明した。

 

やっぱり、瞑想は人生の中でmustだということが改めて判明した。

 

そして瞑想して考えたことがこれからの自分の働き方。

自分は何を軸にして働いていくのかというとこで大事にしたいのが

 

なんのために働くのか

誰のために働くのか

 

この答えがようやく出た。

日本の課題解決のために

将来の未来の子供達のために

 

俺は働く。

これは歴史好きからでもあるが、自分が今幸せに生きていられるのは過去の犠牲になった多くの人々のおかげである。

その思いを忘れたくないし、その思いを受け継いで未来の子供達のために自分もこの世界をよくするために働きたい。

 

この答えとして出たのがコンサルタント

日本を学生と社長から変えていくという発想。

 

これをすることによって、まず社員の働き方に変化を与えることが出来るし、その変化によってその社員の家族、妻、子供たちにも良い影響を与えることができ、そうするとそこからさらに良い波がどんどん広がっていく。

これは不登校や引きこもりなどの問題解決にもつながっていくかもしれないし、なによりも日本にもっと愛を増やすことができるかもしれない。

そうすれば少子化への多少の対策にもなるかもしれない。

 

日本の問題をかなり解決できる気がしている。

 

そのためにまず自分はアメリカに渡ろうと思っている。

やはり結局昔も今も最先端から学ぶことは重要であって、それをしることがまず大事である。

 

そこでまずはアメリカを見てみたい。

そしてその後に日本にもどって働きたいという思いが強い。

 

まあまだ全くの空想だけど笑

 

 

瞑想、毎日やろうよ。